新人には基本を植え付ける

新人は社員研修を経て様々な知識やスキルを身につけることになります。優しい研修、厳しい研修など色々ありますが結局は自分自身の成長の為の研修なので真摯に受け止めて取り組まないといけません。あえて高度なことをやらせる研修も有意義ではありますが、やはり基本的なこともしっかりと教えないといけません。
就職活動をする時にある程度マナーを守るものの、もし社外のお客様の前で失礼な言動をしてしまうと致命的です。本人の評価が下がるのはもちろん、会社としてもどのような教育をしているのだと咎められます。最悪、非常に失礼なことをしてしまった場合は会社としての取引がなくなるということもあります。恐らく大丈夫だろうという慢心ではなく、今一度言葉遣いから上座下座などを伝えておきたいです。

ベテラン社員にはより高度な教育を

ベテラン社員は、会社の運命を左右する存在だと言っても過言ではありません。基本的には大きなプロジェクトのリーダーなどを任され、失敗しないように指示を与えます。当然社外にはライバルがいるので、そのライバルに勝たなければ自社の売り上げを良好にさせることができません。
個々の社員の発想も重要ですが、ビジネスモデルを知っているか否かというのは大きいです。ビジネスの世界にはあらゆる仕組みが存在し、それを駆使することで効率良くビジネスができます。なのでベテラン社員には、経済学や経営学のような内容を伝えることが有益になります。社員であっても経営者に必要な思考能力を身につけることは重要で、後に社長就任など大きく羽ばたいてくれる可能性があります。