社員研修にかける時間

社員研修にかける時間は大体1~3日程度です。あまり長い期間研修をしても途中でダラダラしてしまうなど非効率的になる可能性があります。それでは時間がもったいないので、短期に集中して行うという考えです。その方がコストもかからないので一石二鳥だと言えます。
社員研修は、座学と実習に分かれる場合が多いです。伝えなければならない情報を伝えた後は、自分達の頭で考えながら行動させないと身に付かないからです。社員研修の後に懇親会を開催して親交を深めることもあるので、1日で研修を終わらせてしまうとややバタバタしてしまいます。なので余裕を持たせるのであれば、1日目に座学、2日目に実習という具合に分けてじっくり行いたいです。

社員研修にかかるお金

社員研修にかかるお金は外部にお願いするか自社で行うかで大きく変わります。研修の質は、外部の会社に任せた方が良くなりますが自社独自の課題や未来について考えさせたい場合は外部にお願いする必要はありません。自社で行う場合も人件費や会場を借りるお金などが発生しますが、それでも外部にお願いするより何万円も出費を抑えることができます。
また、研修期間が長くなればなるほどそれだけお金がかかるので金銭面で厳しい場合は悠長に時間を使う訳にはいきません。
社員研修は、絶対にやらなければいけないという決まりがないので極論を言えば簡単に書類の配布をするだけで終えても問題行為ではありません。会社の状況に合わせて研修プランを考えたいです。