フォロー研修を定期的に行う

4月には新卒生が入社してくる会社が多いでしょう。入社すればすぐに新入社員研修が始まります。会社によって研修期間は異なりますが、通常は1箇月程度になるでしょう。それが終わればそれぞれの部署に配属され、少しずつ仕事を覚えていきます。ただ問題もあります。配属されて間もない社員が退職してしまうケースがあります。どの会社でも毎年一定人数はあります。中には、幹部候補生として期待して採用した人もいます。会社としては何とか早期退職を防がなくてはいけません。良い方法としては、フォロー研修を定期的に行う方法でしょう。最初は1箇月おきぐらいに行います。同期生と顔を合わせると、悩みなども打ち明ける機会が得られます。何とか思いとどまってくれます。

参加者に年齢が近い講師が行う

新入社員が入ってくれば新入社員研修を行います。多くの社員は、初めての社会人経験になります。不安もありながら、夢と希望もたくさん持っています。この夢と希望を打ち崩してしまうケースがあるのが研修です。あまりにも厳しい研修を行うため、研修と同時に辞めてしまう場合があります。また、思っていた内容と異なるために、失望して辞めてしまう人もいます。できるだけ早期退職を避けるために、講師を変えるようにしてみましょう。企業によって講師を担当する人は異なるでしょう。熟練の専門社員が担当する場合もあります。離職を防ぎたいなら、参加者に近い年齢の講師を使うようにします。社内から講師を選んでもいいですし、外部から選んでも良いです。年齢が近いと、悩みなども打ち明けやすいです。